新潟レトロ喫茶

珈琲店 千房(ちぼう)さんのレトロハンバーグな日替わりランチ。

競馬場インター近くの千房(ちぼう)さんへ。

f:id:pacachan:20171127231346j:image

新潟市北区木崎の競馬場インター近くにある、珈琲店千房さんに行ってきました。

こちらも、レトロ好きな読者の方からおすすめされていたお店です。

大通りから一本、細い道に入っていくので不安でしたが、お店の前に広い駐車場があるので安心。平日のお昼時、何台か車が停まっていました。

席選びに迷う、広々空間。

 お店の外観を写真におさめて、一呼吸ついてからドアを開けると、いい意味で想像を裏切られました。

広い…!!!

奥にも席があるようです。

はじめてのお店であるにもかかわらず、好奇心丸出しで、ずんずん足を踏み入れていきました。

f:id:pacachan:20171127231358j:image

ボルドーの椅子が、とても素敵。 

びっくりしたのが、お客さんがたくさんいたことです。

大変失礼な感想ですけれど、人がそこそこ埋まっている喫茶店、久々にみました。

読書しているおひとりさまもいましたし、なにやらパソコンを教えあっている方々、会社の社長と社員風な人たち…など客層が様々です。

老若男女、それぞれ思い思いの時間を過ごす…これぞ昭和の喫茶店という感じ。

わたし、刑事もののドラマや映画がだいすきで、刑事さんが待ち合わせ場所になじみの喫茶店を指定したり、漫画家さんと担当さんが喫茶店で打ち合わせをしたりするシーンに心奪われるのですよね…生まれてきた時代を間違えたかな? 

 

豊富なメニュー。

f:id:pacachan:20171127231440j:image 

f:id:pacachan:20171127231426j:image

メニューは下げられてしまうスタイルなので、あまり写真は撮れませんでしたが、食事系からデザート、飲みものまでなかなか豊富にそろっていました。 チョコレートパフェやクリームソーダにも惹かれましたが、今日はお昼を食べにきたのです。

日替わりランチ。

たくさんお客さんがいるにも関わらず、お店の方はお2人でしたので、とっても忙しそうでした。パタパタと「決まったら声をかけてくださ~い」と言われ、席に着いてからゆっくりとメニューをみます。

ナポリタンランチと迷いましたが、今日の日替わりはハンバーグだというので日替わりランチに決めました。

f:id:pacachan:20171127231506j:image

なんだろう、この、昔ながらの定食感…きらいじゃないです。

ハンバーグは、決してカフェ飯のふわふわジューシーハンバーグではありません。

家で作った、固めのハンバーグです。

ナポリタンも付け合わせでついてきたので、こちらにしてよかった。

f:id:pacachan:20171127231510j:image

まさか、ハンバーグランチにお新香がついてくるとは思いませんでしたね。

ひとつひとつが、とてつもなくおいしいわけではなく、決してまずくもない。

素朴な喫茶店グルメです。

雰囲気。

f:id:pacachan:20171127231526j:image

窓の汚れ?で、外がよく見えないのもご愛嬌。

薄暗い緑がいい感じに落ち着きます。

忙しそうでちょっと怖そうだったお店の方も、ひと段落したのか、「寒くないですか?」「ひざかけどうぞ」と声をかけてくれたりして、優しかったです。

あんなに昭和な定食なのに、食後の飲みものが珈琲一択ではなく、ミルクティーを選べるというところが何気にツボでした。

 f:id:pacachan:20171217135643j:image

 まぁ、ミルクティーといっても、本格的なロイヤルミルクティーではなく、紅茶にミルクを自分で入れるタイプなのですが。

ケチャップべちょべちょのナポリタンや、人工的な味のクリームソーダ、独特なビジュアルのプリンアラモードなどの喫茶店グルメは、なくならないでほしい貴重な文化財だと思う、今日この頃です。

 

 

そうそう、昨日の名探偵コナンが、毛利探偵事務所の下の階にある「喫茶ポアロ」の話だったのです。わくわくして、誰かと喫茶店で待ち合わせをしてみたい願望が爆発し、何気なくツイッターでつぶやいてみたところ、参加したいです!と返信ををいただいて・・・。

とても嬉しかったです。

意外と需要あるのかな?

あぁ、喫茶店で待ち合わせしてみたいなぁ…

いろんな人をさりげなく観察しながら心の中で実況しちゃいそう…

関連ランキング:喫茶店 | 早通駅新崎駅豊栄駅