カフェの記録

久しぶりに訪れてもやっぱり素敵なオワゾさん。”そのままのわたしでいいよ”と教えてくれたカフェ。

お久しぶりです。ぱりんこ(@parincafe)です。

久しぶりに、市役所近くにある、カフェブラッスリーオワゾさんへ行ってまいりました。

  • インテリア・居心地のよさ◎
  • メニューの種類・味◎
  • 店員さんの雰囲気◎

と、全てそろった素敵なカフェです。やっぱり大好きです。

 

 

ふかふかで座り心地のよいソファーに腰かけて、メニューをみます。

インスタグラムのフォロワーさんがアップしていたクレープシュゼットというスイーツと、カフェオレボウルに入った飲み物に憧れて、カフェオレを注文しました。

 

 

クレープシュゼットは、柑橘系のソースがかかっていて、さっぱりとした味わいです。

クレープ生地の間に、アイスクリームをくるりとはさんで、食べるのもいい。カフェオレは、ミルクを自分の好みのタイミングで混ぜていくスタイル。最初は、ストレートでコーヒーの味を楽しんでから、徐々にマイルドに仕上げて味わいの違いを楽しむ派のわたしにはぴったりでした。コーヒーはミルクと混ぜることも考えて、キリッと目がさめるような苦味がありました。

 

 

は〜・・・

ほんとに居心地がいいなぁ・・・・・・・・・

フランスのアンティークのインテリアがとてもすき。

鳥もすき。

ここには、すきなものしかない。

 

数年前、オワゾさんにお邪魔していた時は、病院の帰り道だった。

仕事も短時間しかできていなくて、自分はなんとダメ人間なんだろう、と情けなさと焦りとでいっぱいだった時期。

 

 

総合病院だったので、駐車場は順番待ち、診察の待ち時間も尋常じゃなく長くて、気が滅入って。

でも、

「終わったら、ごほうびにオワゾさんに寄るんだ」

それがすごく楽しみだった。

 

 

金曜日は、自家製パン販売の日だったから、甘くて、美味しいパンと飲みものを味わいながら、窓際のカウンター席で、ぼ〜っと行き交う人々を眺めたり、ゆらゆら揺れる葉っぱを眺めたり。会計時にこやかな店員さんに癒されてからお店を後にして、「もう少し生きよう」という気力をもらっていました。

 

 

そういえば、まどぎわメモリーというブログ名を思いついたのも、オワゾさんのカウンター席だったっけ…。わたしは、2階にあるカフェから、景色や人々、緑を眺めるのがすきなのです。オワゾさんのカウンター席は、理想の窓際席です。

 

 

さて。今のわたしは・・・

  • 仕事がある。
  • 朝から夜までフルタイムで働けるようになった。
  • 自分ひとりの暮らしと生活は守れる。
  • ブログを通じて、褒められたり、そのままのわたしでいいよ、ファンだよ、と言ってくれる仲間に出会えた。

 

 

人生が辛すぎて、時々くじけそうになる。

というか、毎日くじけそうになる。

ないものばかりに目がいって、さみしくなったり、嫌になったり。

 

 

親もいない、旦那もいない、頼れる兄弟や親戚もいない…

 

 

それでも、わたしは今目の前にあるものを大事にしよう。

なんでも気になったことは、体験してみて、

ブログのネタにしたり、冥土のみやげにしよう。

 

 

 

オワゾさんはカフェタイムだけではなく、夜も営業されている様子。

アルコールメニューに、スズベルさんで飲んで美味しかった、ハートランドビールがあったので、今度は夜にも来てみよう。仕事の後、モヤモヤイライラした時に、ビールとオワゾさんのご飯やおつまみがあれば、きっと自分のことを「今日も1日よく生きたね。」と褒めてあげられる気がする。