おすすめなもの

ほんとに砂糖不使用?福光屋(ふくみつや)さんの糀甘酒が甘くておいしい。

こんにちは。甘酒大好き&乳酸菌マニアのぱりんこです。

むしむし暑くなってきたこの季節、妙に甘酒が飲みたくなりませんか?(わたしはなります)冬に飲むあった〜い甘酒もおいしいのですが、夏のキリッと冷やした甘酒もおいしいんですよね。

 

今日は、低気圧と寒暖差で不調続きなわたしが、「飲む点滴!」という言葉を信じて購入した甘酒、福光屋さんの「酒造仕込み純米糀甘酒」の感想をお届けします。

 

  • 手ごろで美味しい甘酒を探している人
  • 胃腸が弱い人
  • 風邪をひきやすい人
  • 肌あれが気になる人

こんな方におすすめです。

 

甘酒は、米と麹だけで作った砂糖不使用のものを選ぶ。

甘酒にはいろんな種類があって、中には砂糖が入ってるものもあります。

わたしは砂糖不使用で、お米と麹だけで作られた、自然な甘みのものがタイプなので、かならず原材料をチェック!

原材料、米・米麹。

 

以上。

余計な添加物も入っておらず、とてもシンプル◎

販売者の欄を見てみると、石川県金沢市にある酒造「福光屋」さんというところでした。はじめて聞く酒造さんです。

話題の「菌活」はコレでキマリ!1日たったの1粒だけ!内側からキレイをサポート!

「福光屋」さんは、石川県金沢市で1番古い酒造。

福光屋(ふくみつや)さんは、石川県金沢市内で1番古い酒造です。

酒造仕込み純米麹甘酒は、金沢で最も長い歴史と伝統を誇る酒造、福光屋が酒造から湧きでる恵みの百年水と、良質の契約栽培米で仕込んだ滋養飲料。自然の優しい甘みとさらりとした後味が特長です。アミノ酸やブドウ糖などの栄養素を含み、毎日の健康習慣にお役立ていただけます。

※容器に記載されている文章より引用。

 

創業の歴史について公式ホームページで調べてみると、なんと江戸時代までさかのぼリます。歴史ある酒造の甘酒だと、安心感がありますね。

福光屋さんの糀甘酒(こうじあまざけ)がお値段お手頃でコスパがいい。

添加物が少ない純粋な甘酒って、意外と高いんですよね。

ですが!

今日出会った「酒造仕込み純米糀甘酒」(ちなみにわたしはクスリのアオキで見つけました)は、850mlで800円ほど。

 

 

今まで地元新潟の商品を中心に、様々な甘酒を飲んできましたが、コスパがとてもいいと感じます。

ぱりんこ
ぱりんこ
この容量だと、1000円越えることが多いです。

 

ちょびちょびとお猪口で飲んでいたら、1週間以上持ちました。

はとさん
はとさん
注:開封後はお早めにお飲みください!!!

砂糖不使用の甘酒とは思えないほどの甘み。

肝心のお味は…

あまい!!!

 

ほんとに砂糖不使用なの!?ってくらい甘いです。

パッケージにはさらりと飲める、と記載されていますが、個人的には新潟の冬のにごり酒、「五郎八」的なもったり感を感じました。

 

 

(サラリとした飲み口の甘酒が好きな方は苦手かもしれません。好みが分かれるところです)

 

お米の味だけで、ここまで甘みが出るのなら、普段の食事にも砂糖なんてあまり必要ないんだなぁ、と感じました。

プラスチックごみで捨てられる容器が便利。

甘酒といえば、瓶のものが多い印象ですが、「酒造仕込み純米糀甘酒」はプラスチック容器です。

 

ビン缶のごみ収集の日は限られているし、なるべく瓶のものは買いたくないので嬉しいポイント。笑

 

飲み終わったら、プラごみに捨てられる!

めんどくさがりやさんにぴったり〜!

地味にうれしい〜!

 

ちなみに、ペットボトルタイプもあります。

 

砂糖、食塩、保存料無添加のお手頃な甘酒を探している方におすすめ。

最近の甘酒ブームで、たくさんの種類の甘酒をスーパーやコンビニでも見かけるようになりました。

どの甘酒がいいの…??

という方は、

・砂糖不使用

・添加物不使用

こちらをポイントに選ぶといいと思います。

手軽に米こうじのおいしさを味わう甘酒をお探しでの方はぜひ、「福光屋さんの酒造仕込み純米糀甘酒」をお試しくださいね〜。

 

【今日のひとこと。】

地元新潟の甘酒の素晴らしさを記事にできたら…!!!

と意気込んでいたのですが、なぜかいちばん最初のエントリーが金沢の甘酒になってしまいました。笑  これからゆるゆる発信していきますので、よろしくお願いいたします。