プロフィール

人と話をすると、気を遣いすぎて疲れてしまう。

なるべくひとりで過ごしたい

 

 

学校や会社という集団生活の中で、わたしはずっと、「自分は頭がおかしいのでは?」と違和感を感じていました。

 

 

情緒が不安定で、生きていることがつらかった毎日。

遠回りしたけれど、やっとわかった、自分との付き合い方。

 

 

「フツウの人を目指さない。」

「やりたくないことはやらない。」

「物事を決めるときは、楽しいか楽しくないかで決める。」

「こころを整えるには、からだを整える。」

「自分の考え方のクセや、体調のサイクルを知る…。」

 

 

まどぎわメモリーは、みんなと同じじゃないとだめだという圧力の中、一生懸命日々生活し、生きづらさを感じている方へ、そっとエールを送るエッセイ集です。

 

 

さぁ。

ちょっと心も身体も休めて、人ごみから離れた喫茶店で、ひっそりとお茶でもしませんか?

わたしが喫茶店を好きな理由

わたしの生活の中で、カフェや喫茶店でお茶することは、なくてはならないものです。買いものついでにお茶、じゃなくて、お茶をしに行くんです。

 

仕事のあと、もんやりして、このまままっすぐ家に帰りたくないなぁ…の時。夜もやっているカフェであたたかい飲みものを飲みながら、ぼんやりしたり、思ったことをノートに書き出してみたり。ちょっぴり早起きできた朝は、モーニングで優雅なひと時を過ごしてみたり。

 

人と関わると疲れてしまうタイプ(HSP)なので、ひとりの時間を大切にしています。薄暗い喫茶店は、人目を気にしないですむので、考えごとには最適ですよ◎

昔から、食べものに対しての興味関心が強い

ドラマや映画を観ると、話の内容ももちろん大切なのですが、飲食店や喫茶店のシーンに、やたらと心を惹かれます。刑事もののドラマなんかで、なにやら薄暗い純喫茶に刑事さんと情報提供者が待ち合わせるシーンとかあるじゃないですか、もう目が釘づけですよね。

 

それから、わたしはジブリ映画が好きです。(最近のものはよくわからず、昔の映画を何回も金曜ロードショーで観るタイプです。)

 

「天空の城ラピュタ」の個人的名シーンは、目玉焼きをのせたトーストをシータとパズーが食べるところ。(もっと他にあるでしょ!)

あぁ…パズーもシータもどうして、目玉焼きだけをペロリと食べちゃうの?それがツウな食べ方なのかもしれないけれど、目玉焼きと食パンを一緒に頬張ったのなら、口の中で黄身がとろーんとして、(※半熟ではないかもしれないけれど、堅焼きは認めない)パンがちょっとしっとり、そのあと白身のプルン、とした歯ごたえも合間ってきっときっとおいしいのに………!と思いながら見ていました。

 

トトロだったら、縁側で、カンタのおばあちゃんが作ったおはぎをみんなで食べるシーンが強烈に頭に残っています。「いいないいな、縁側でおはぎ食べたい!」と家族に話したら「そんなシーンあったっけ??」ときょとんとされました。この前、金曜ロードショーで確認したら、そんなシーンはなかった…のですが、”トトロ おはぎ”で画像検索すると出てくるので、カットされただけかもしれません。

 

あとは、千と千尋の神隠しも好きですね、何やらおいしそうなものがたくさん出てきます。台湾の屋台とか行ってみたいな…わたしにとっては、ディ◯ニーランドよりも夢の国感がある。特にリンさん(姉御肌)が千尋に手渡した、巨大なおまんじゅう?も、ふかふかでおいしそうだったなぁ…かぶりつきたいなぁ…。

雑貨屋さんでは、必要のあるものを買わずに、レトロ喫茶シリーズやパン柄のレターセット、文房具などを買ってしまいます。レターセットなんてたくさんあっても手紙出す機会って中々ないのにね。けれど、お菓子や食べもの柄って、心がときめき、わくわくするんです。

おいしいものを食べるって、ほんとうにしあわせ…。

新潟生まれ、新潟育ち。ぱりんこの自己紹介。

名前 ぱりんこ
年齢 1988年生まれ。
チャームポイント 前髪ぱっつん・ショートボブ
すきな食べもの 唐揚げ・すじこのおにぎり・クリームソーダ
すきな有名人・作家 新垣結衣・中村倫也・横浜流星・サンドウィッチマン・益田ミリ・さくらももこ
すきな本 ツバキ文具店・ライオンのおやつ(小川糸)

珈琲いかがでしょう(コナリミサト)

すきな曲 コーヒーとシロップ・異端なスター(Official髭男dism)
すきな喫茶店 シャモニー(シャモニーが好きな人に悪い人はいません)
得意なこと 字を丁寧に書くこと。文章を書くこと。
苦手なこと 当たり障りのない世間話。
苦手な場所 イオン新潟南・ディズニーランド・万代シティ

「人類全員に好かれるのは無理。」

「明日、地球が滅亡するかもしれない。」

少しずつ、少しずつ、偽りの自分を演じるのを手放して、こんなわたしでもいいと言ってくれる人を大切に生きるようにしています。

一貫性がなくて、飽きやすく、まとまりのない人ですが、そのままの自分を認めて受け入れてあげようと思います。

まどぎわメモリーが目指すところ

「まどぎわメモリー」は、居心地がよく、つい長居してしまう、喫茶店のようなサイトを目指しています。

ここは、訪れるたびホッとできて、ひとりの時間を楽しみ、自分と向き合い、お店を出る頃には「さぁ、また自分らしくがんばろう」という気持ちになれる場所。

 

 

このブログを読んでよかったな。

気持ちが楽になったな。

 

そんな風に思っていただける方が、ひとりでも増えたらうれしいです。

 

noteで毎日エッセイを更新しています:https://note.com/parincafe

わたしが毎日noteを更新する理由:「もうダメだ」と思って坂口恭平さんに電話した。毎日ブログを書くことにした。

 

最近、ライターとしても活動し始めました。

お仕事のご依頼は、こちらからお願いいたします。