ぱりんこの悩みと体験

人類全員から好かれるのは無理なので、自分勝手に生きようと思いました。

人の悪口が大好きな人というのは存在します。

わたしだって愚痴ばかりいうし、自分が「いやだなぁ…」と思っている人が相手と一致したり、共感してもらえるととっても嬉しいです。そして、ついついはしゃいでしまう。

 

けれど、四六時中人の悪いところばかり言う人のそばにいたら、頭がおかしくなりそうだったので、その経験から学んだことを今日は書きたいと思います。

 

この記事を読んでほしい人
  • 職場の人間関係に悩んでいる方。
  • 女性が多い職場で働いている方。
  • キツイことを言われるのは、自分のせいだと思っている方。

こんな方に読んでほしいです。

悪口をずっと聞いていると、こころが病む。

わたしがよく聞いていた具体的な悪口というのは、

あの人の見た目は変だよね。

仕事ができないよね。

気が利かないよね。

わたしの考えていることを察しなさいよ…。

このようなことです。

なんでしょう、常にダイオキシンを発している感じ。

 

 

人の感情に敏感で影響を受けやすいので、わたしのこころはグラグラでした。

自分に向けられた言葉ではないのに、涙が出そうでした。

完璧な人間になっても悪く言う人はいるし、嫌われるリスクがある。

ある日、別の部署の女性がやってきました。

可愛くて、お目目ぱっちりで、細くて、わたしは、少しお話ししただけでも「あぁ、なんて仕事ができて、大人の対応ができるひとなんだろう…」と感じました。

 

 

しかーし!

悪口大好き人間は、言ったのです。

「あの人は、完璧すぎてスキがなくて、好きじゃない。」

 

 

えぇーーー!!!

じゃあどんな人間ならお気に召すんですか〜〜〜〜〜〜!!!?

 

 

この経験からわたしが学んだことは、誰にも嫌われず、全員から好かれるのは無理ということ。

無理なのに、嫌われるのを恐れて、気をつかって、疲弊して、自分は本当に無駄なことをしているなぁと思いました。

ただ合わないだけ。嫌な人とは仲良くなろうとせず、距離を保つことを大事にしたい。

もし、自分にばかりキツく言ってくる人が身近にいて、「あぁ、わたし嫌われているなぁ。自分がダメなせいだなぁ…」と感じている方がいたら、違うよ、あなたは悪くないよ、合わないだけだよ、と伝えたいのです。

 

わたしもずっと他人の目を気にしておびえていました。

 

ただ、全員に好かれるのは、無理だ〜と気がついたので、もっと自分の気持ちを最優先に生きたいです。

 

ちなみに、「わたしはお酒が飲めない&飲み会に行くと疲れてしまうので、行きません〜」という記事はこちらです▽▽▽

自分がごきげんでいられるために…「飲み会行かない」「気乗りしない誘いは断る」を実践中です。

ブログの読者さんが離れていってしまうのでは?と恐れていた。

 

この前飲んだ、モスバーガーのラベンダーレモネードというドリンク。美しくて、おいしいです。

 

当ブログ「まどぎわメモリー」で、喫茶店やカフェ以外の情報を書いたら、嫌われてしまうかな?と悩んでいたんです。

 

書いてみたいアイデアがあっても、下書き保存のまま投稿できないことも多く、いつも温かく応援してくれる読者さんを裏切ることになるのでは…?とも思っていました。

 

けれど、やめました。

 

ジャンルがめちゃくちゃになるかもしれませんが、書いてみたい、と思ったことを素直に書きたいと思います。誰も興味がないことかもしれないけれど、誰か1人の役に立てるかもしれないですものね。

 

 

それから、最近、実践していて生きやすくなった方法は、”自分はもう死んでいる設定で世界をみること”です。

 

 

不思議なんです、

「何言ってもいいや。どうせ死んでいるんだし。」

と思うと、しがらみとかどうでもよくなるし、すごい気楽です。笑

 

 

仕事の何が疲れるかって、仕事内容というよりも、「これを言ったらあの人に嫌な顔されるかな…」と探り探りな感じに疲れてしまうんですよね。

もっと肩の力を抜いて、マイペースに仕事する世界があってもいいんじゃないかなぁ〜と思う今日この頃なのでした。