新潟レトロ喫茶

妙に落ち着く…ナッツ上大川前店さんでモーニング時間。

こんにちは、ぱりんこです。

お久しぶりの喫茶店時間は、本町にある「ナッツ上大川前店」さんで過ごしました。

外から見るよりも、中は広々していています。はじめて入店しましたが、栗色マッシュボブのかわいらしいお姉さんが、微笑んで受け入れてくださったので、その瞬間からいい一日になる予感がしました。

意外と豊富なメニューです。

変わった飲みものの用意もあります。あずきカプチーノも気になる…!

朝ごはんはいつもぼーっとしていて用意する気力がないので、モーニングセット(550円)を注文。

カフェモーニングのオシャレ感もなければ、純喫茶のゴージャス☆感もない、なんのへんてつもない(失礼)素朴なモーニングでした。

インスタ映えなにそれ?という感じのビジュアルですが、キャベツはシャキシャキだし、トーストはもちもちしているし、ポテトサラダもシンプルでおいしかったです◎

なにより、妙に落ち着くお店でした。

喫茶店に何を求めるか?

人それぞれ違うのでしょうが、わたしはやっぱり居心地が大事だと思います。

最近、純喫茶はちょっとしたブームみたいで、観光スポット化した喫茶店もありますね。わたしも雑誌をみては、「ここ行ってみたい…!」という喫茶店がわんさかあります。喫茶店文化を守るために、このブームはとても良いことだなぁとも思います。

でも、やっぱり、日常に溶け込んでいて、いつもそこにある、誰でも受け入れてくれる落ち着ける場所。仕事に行く前、家に帰る前、ひとりで部屋にいたくない時。そんな時、ふらりと気分転換できる場所。

そういう場所を、わたしは求めているんだなぁって思います。

特に何をするわけでもないけれど、一息つける、喫茶店に救われるのです。

さぁ、今日も1日ただ、日常をこなして、ただ、生きたいと思います。

きっと大丈夫。