新潟レトロ喫茶

憧れの喫茶店「石打邪宗門」さんと、美人林の癒し旅。

こんにちは、ぱりんこ(@parincafe)です。

11月に同じ職場の子と美人林に紅葉を見に行きまして、帰り道に憧れの喫茶店、邪宗門(じゃしゅうもん)さんに連れて行ってもらいました…!

 

邪宗門さんは、ずっと行きたい行きたいと言っていた喫茶店でしたが、なにしろ場所が魚沼市なので中々行けずにいたんです。この度やっと行けて、本当に嬉しかったです。

邪宗門さんのときめくレトロな内装・インテリア。

入店してすぐに、レトロでアンティークなインテリアにキュンキュンしっぱなしです。

特に気に入ったのは、窓際に置いてあった歴史を感じる、レコードを聴く機械とレジ(?)

邪宗門さんのウインナーコーヒーとチーズケーキ。

メニューはたくさんあったのですが、興奮していたので写真が撮れていません…笑

わたしは、ウインナーコーヒーを、無類のチョコ好きの友人は、チョコレートが入った飲みものを注文。

本格的でとってもおいしかったです!

シュッとブルーベリーソースがかかっている、完璧なビジュアルのレアチーズケーキでした…白と紫のコントラストが美しい…

友人のかぼちゃケーキも濃厚でおいしかったです◎

邪宗門さんの雰囲気・居心地のよさ。

私たちが訪れたのは祝日のお昼前。人気店のようで、すでにたくさんのお客さんで賑わっていました…!

こんなに流行っている喫茶店は、久しぶりにみたので嬉しく思いました。

賑わっているけれど、テーブルはわりとゆったりとしているので、落ち着きます。なにより、濃ゆ〜い焦げ茶の木で統一された店内が、重厚感と大人の落ち着きを醸し出しています。

私たちは、このあと、雲洞庵と魚沼の里に寄るというミッションが残っていたので早々と退店しました。

人気店だから、混むと申し訳なくて長居はできないかもしれませんね。

癒しパワースポット”美人林”。

せっかくなので、美人林(びじんばやし)で撮った写真も載せておきます。

精神的に落ち込んでいたわたしを、遠くに連れ出したいと想ってくれた優しい友人が、紅葉を見に行こう&自然に癒されよう!ということで、美人林(十日町市松之山)へ連れて行ってくれました。

こちらもずっと行きたかったところだったので、嬉しかったです。紅葉はまだ早かったようで、めちゃくちゃ緑でしたが…笑

木々たちにパワーをもらいましたし、緑いっぱいのところで深呼吸したら、とっても気持ちよかったです。

魚沼、十日町、本当に良いところ。まだまだまわりたいスポットがたくさんです♩

このままずっとひとりぼっちなのかな…と不安になったり、さみしい時もあるけれど、自然の力とカフェ時間に癒されながら、毎日過ごしたいと思います。