毎日日記

選択肢を少なくすること、情報を遮断することの大切さを教えてくれたスパイスカレー

頭痛がして、調子があまりよくない日だった。

右のこめかみがズキズキと痛む。

頭痛ーるアプリを開いてみたら、やっぱり気圧が下がっていた。

 

 

朝、キャリアコンサルティングの面談予約の電話をする。

感じのいい女性だった。

 

 

日程調整のタイミングの時、予約日を中々決められずに困った。

決断力がない。

 

 

手帳のカレンダーをジッと見つめる。

空白はたくさんある。

 

 

それでも、どの日が最善か、考える。

 

 

わたしの場合、予定がある日の次は、”予定のない日”を設けなくてはならない。

約束の次の日はぐったりとしてしまうので、回復に費やす予備日を設けなくてはならない。

”なにも予定のない日”という、余白がどうしても必要なのだ。

 

 

携帯電話にも、音楽が流れる保留ボタンがあればいいな、と思う。

1度電話を切って、落ち着いて日にちを決めてから、折り返せばよかったのかもしれない。

 

 

電話を切ったあともしばらく、「この日にしてよかったのかな…?」とグルグルと考えてしまった。疲れた。

 

脳が疲労したことで、ますます頭が痛くなった気がする。

 

*  *  *

 

支払いをしに、セブンイレブンに向かう。お会計時、カードをタッチする場所ではなく、レシート入れに、nanacoをタッチしていた。凡ミスが多い日だった。全部気圧のせいだから、仕方がない。

 

 

そのまま、インフルエンザの予防接種を受けに行く。

去年は、予防接種を受けたのにもかかわらず感染して、大変だった。ひとり暮らしのインフルエンザの孤独と辛さは、想像以上だった。

 

 

受けないよりは受けた方が…と思い、今年も受けに来た。

担当してくれた看護師さんの注射が、全然痛くなくて、感動した。

 

 

「すごい、全然痛くなかったです。」

と伝えると、看護師さんは、ニコッと笑った。

 

 

そういえば、仕事をやめてから、風邪を引いていない。

仕事をしている時は、月に1度は風邪を引いていたというのに。

 

 

 

まったくもって、ストレスというものは恐ろしい。

勤めている時は、医者のハシゴをして、病院代がたくさんかかったけれど、今はほとんどかかっていない。とりあえず身体が健康なことに、感謝しようと思った。

 

*  *  *

無性に食べたくなって、スパイスカレーのM85さんへ向かう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

美味しいし、店主さんもやさしいし、素敵なカレー屋さんすぎた すでに、もう食べたい スパイスのトリコ #カレー #カレーライス

ぱりんこ(@parincafe)がシェアした投稿 –

お店の前に、売り切れの文字。やっぱり今日はダメ日だと思った。

呆然としていたら、出てきた店主さんが「チキンカレーなら一皿作れそうです」と声をかけてくれた。このお店のカレー欲を、他の食べもので紛らわすことは不可能なため、ありがたくいただくことにした。

 

 

ここのカレーは、けっこう辛い。

辛いものはそれほど得意ではないし、辛さも選べないので、はじめはどうしようかと思った。けれど、食べると、なぜだか元気になる。癖になる。スパイスは、奥が深い。

 

 

初めて食べた時も、家に着いてすぐ、「また食べたいなぁ…」と思うほどだった。

 

*  *  *

 

柔和な店主さんと、お話する。

話しかけられた時、鼻水が垂れていたので少し、焦る。

さりげなく紙ナプキンで鼻をおさえながら、以前ここのカレーを食べて調子がよくなったことを伝えた。

 

 

「スパイスは、漢方薬に近いものがあるからかもしれませんね。」

「野菜もたくさん入ってますし…。」

 

 

チキンカレーを見る限り、野菜なんて、どこにも見当たらない。

「溶け込んでいるだけで、かなりの量を使っていますよ。うちは、小麦粉を使わないで野菜でとろみを出しています。」

 

 

びっくりした。カレーといえば、小麦粉と油でできていて、胃もたれするイメージだったから。

 

 

小麦粉をなるべく避けよう、と思いつつもできない自分にとって、嬉しい情報でもあった。

 

 

「僕は、カレー屋さんにカレーを食べに行くことってないんですよ。他のお店でカレーを食べちゃうと、影響されたり、似たようなものを作っちゃうと思うから…」

と店主さんは言った。

 

 

あえて、情報を遮断しているという。

 

 

今の自分にとって、とても大事なことだと思った。

情報の渦に飲み込まれて、あっちもこっちもよく見えてしまう。

結果、自分が何をしたいのか、分からなくなってしまう。

 

 

人に「どんな仕事をしたらいいでしょうか?」とアドバイスを求めると、どの人が言ったこともなんとなく「そうかもしれない」と納得してしまう傾向にある。

 

 

信頼できる人に相談するのはいいのだろうけれど、私の場合、心が弱っていると、つい関係性が深くない他人の意見も求めてしまう。そうすると、「もっとこうした方がいい、甘えてる」と説教をくらう。自爆テロだ。

 

 

選択肢を、少しずつせばめていく方が、動きやすいのかもしれない。

 

 

生きていると、毎日、たくさんの気づきがある。

頭が痛くて辛い日ではあったけれど、帰り道は、心も身体も、ポカポカとしていた。