HSPエッセイ

レモンサワーが残るだるさと、積極的な引きこもり。

2019.11.09

 

12時、起床。

朝型に華麗なるシフトチェンジを目論んでいるわたしだが、実験は4日目にして中断されることとなる。

 

原因は、分かっている。

昨夜コンビニで買った、レモンサワーだ。

あまりにも楽しい予定があり、夜遅くに帰宅。

(なんだかまだこの余韻を感じていたいなぁ〜)と浮き足立って入店したコンビニ。

 

 

夜のコンビニってなぜだかワクワクしてしまうんだ。

お酒を1缶、レジに持っていく。

 

 

いつもなら、電子マネー決済にすることを店員さんに話しかけるタイミングが分からず、『ナナナ…ナナコで(小声)』

と言っているところだが、

『ナナコでお願いします!(キリッ)』

堂々と伝えることができた。

 

 

決まったーーー。

今日のわたしは、ひと味もふた味も違う。

 

 

帰宅して、レモンサワーをぐびぐび飲みながら、昨日の【毎日日記】を日付が変わるまでになんとか更新。その後も興奮状態が続いていて、なかなか寝付けなかった。

 

 

昨日出会った読者さんが、『夜が1番元気だし、やる気でるんですよね〜!』と言った。わたしだ。

 

昨夜、眠りにつく段階で、『明日は早起きせずに、お昼までゴロゴロするんだ』と決めていたのだと思う。

 

*  *  *

 

(違うんですよ、1回8時過ぎくらいには目が覚めたんですよ。でもね、いつの間にか寝ちゃってて。ほら、最近寒すぎて、布団から出ることができないじゃないですか…)

ありがちな言い訳が頭の中に浮かび、すでにお昼だという事実に目を背けながらも、Twitterを開く。

 

”引きこもりは、悪”とされがちだけど、わたしの場合、威圧的な人に怒鳴られたり、人間関係のストレスに悩んだり、行かないと空気読めないヤツ感がすごい飲み会に参加して、クタクタになって、家帰って何もすることができず、好きなことを忘れていく人生よりも、精神衛生上ずっといい。

 

 

この前受けた会社の面接で、「何か嫌なことがあった時、どうやってストレス発散しますか?」と聞かれ、『静かにひとりになれる居心地いい喫茶店でぼんやりします』と答えたら、「え!それはマズイんじゃないの??誰かとほら、飲みに行くとかないの?笑」と笑われた。

 

 

最後は、「お母さんとかに、相談したりしないの?」と当たり前のように聞かれた。

なんだ、この暴力は。

誰よりも認めてほしかった母の突然の死。

 

要するに、ひとりで抱え込まず、病まないか?聞きたかったのだろうけれど、気持ちの切り替え方や落ち着く形は人それぞれなので、あなたのアタリマエで全てをはからないで欲しい、と思った。

 

 

そして、自分が心地いい生活のスタイルを確立していこう、と誓った。

 

 

昨日会った彼女が言った。

「高校の卒業式、ひとりで帰りましたもん。同窓会とか、ファンタジー?笑」

 

『えッ、わたしも!笑』

 

のそのそと布団から出て、トイレの便座に座りながら、昨日の楽しかった会話を思い返し、「フンッフフ…」とひとりで笑う。気持ちが悪い女だ。

 

*  *  *

 

今日も寒いし、積極的に引きこもろうと思う。

【仕事依頼】という分かりやすいページを作成しよう。

 

あったかいほうじ茶でも飲みながら…。

 

(あっ!ほうじ茶がないッ…!!いやだいやだ〜今はどうしてもほうじ茶な気分なの…!)

そうして、わたしはまた渋々コンビニへ向かってしまうのだ。