制作記録

初ファンの集い*イベント苦手マンが楽しい会にするため準備したこと

ファンイベント準備アイキャッチ
ぱりんこ
ぱりんこ
こんにちは!すでに出来上がっているコミュニティーに入っていくのがおそろしく苦手なぱりんこです。(そしてアップした本日は誕生日です!)
わたし
わたし
今まで、様々なイベントやワークショップでなじめず、切なくトボトボ帰ることを繰り返してきました…

そんな、イベントが超超超!苦手なわたしが、ありがたいことに、カフェにて少人数のファンイベントを開催させていただけることに…(え?大丈夫…?)

よ〜し、こうなったらイベントが苦手な人のためのイベントをやってみよう!安心安全がモットーだ〜!と実現したのが、ZINE購入者さん限定イベント「1日だけのぱりんこカフェ」です。

まどぎわメモリー完成記念イベント 1日だけのぱりんこカフェおかげさまで、このイベントは、あたたかいお客さまとスタッフのおかげで、大成功のもと終わりました…(くわしいレポート記事はまたあらためてUPしますね)

※アップしました!初ファンイベントレポート*隠キャな自分のことを誇り高く思えた日

ドーナツさん
ドーナツさん
今日は、イベント当日までの奮闘記録と、どんなことに気をつけて準備したか?をお話したいと思います〜!

事前にお知らせできるものは、何度も確認できるメールでお知らせ

コーヒーの画像突然ですが、みなさんは、おしゃれなカフェ(先払い制)や、ス⚪︎バで、すぐにメニューを言えますか?

わたしは、言えません…(事前に血眼のようにメニューを検索、SNSパトロールをしてあらかじめ決めておきます)

「人が見ているところや、急かされるとメニューが決められない…!」「自分だけこのメニューじゃ迷惑?とあれこれ考えすぎて、トンチンカンなものを注文しちゃったァァ〜!」を、なるべく減らしたい…。

そんなわけで、ケーキやドリンクのメニューを、事前にメールでお送りしました。

ぱりんこ
ぱりんこ
実際のケーキとご対面は、その場で…のサプライズ感は出したかったので、イラストにしたよ!

ケーキのメニューイラストあとはですね、わたくし、口でバーっと情報を言われても、緊張していると全く頭に入ってこない、ザ☆視覚優位人間なところがあるので、当日にあれこれおたずねする機会をなるべく減らしたかったんです。

お花畑コーヒーさん
お花畑コーヒーさん
席についてからゆっくりメニューが選べる、喫茶店スタイルが好きなの…

そのほか、事前にお伝えした方が安心だろうなぁ…と思われることは、何度も確認ができるメールでお伝えすることを心がけました。(当日の持ちもの、おねがいごと、感染対策など)

できる限りの感染対策を徹底して、心のつながりを守る会に

.lagoon20窓際席まどぎわメモリーらしく、窓際席で1対1でお話したよ

今回の小さなファンベントは、

*定員5名
*参加者さんは県内在住
*席間隔を広く
*各テーブルにパーテーション
*検温、消毒、不織布マスク着用
*定期的な空気の入れ替え
*スタッフと参加者さんへ事前体調確認

で行いました。

しかし、準備が着々と進んできたところに、まん防〜が発令…。

今まで準備してきたことは一体何だったのか…?緊急事態宣言だったら即判断できたけれど、これは一体どうしたらいいのか…?

万が一、参加者さんが体調を崩されて苦しめることになったら、わたしはどう責任を取ったらいいのか…。気持ちがかなり追い詰められて、様々な人に相談しました。

iPadで打ち合わせ

「延期ももちろんありだけれど、しばらくこんな感じが続くと思う。やるべきことを徹底してやって、正しく怖がりましょう」

「この広さでこの少人数でやってだめというならば、もう普通に生活している人はダメということになりますね」

「これからはウイルスと共存する時代」

いろんな方に相談して、ひとりでもゆっくり考えて、でも、それでも、延期すべきか?ギリギリまで悩みました…

心配性すぎるわたしは、通院時にお医者さんにもこっそり相談したくらいです。

ただただ、楽しみ〜!と、準備ができなくなった状況が、苦しくて苦しくて。

でも、たまたま手に取った、「それ、勝手な決めつけかもよ?」という本を読んで、こう解釈してみました。

〜こんな時だからこそ、心のつながり守り隊〜

制作風景

あらゆるリスクを避けて、身体の健康を守ることはもちろん大事ですが、でも、こころを守ることもめちゃくちゃ大事!と、わたしは昨年の夏に痛感したからです。

「ぱりんこさんは、みんなの夢を壊さないために、ディ⚪︎ニーランドのミッ⚪︎ーでいてください!嫌われ役は、私がやります!」

と、感染対策の注意事項等を、当日お客様に伝えてくださったスタッフの方には、本当に感謝しかありません…(そんな女神いる?)

ぱりんこ
ぱりんこ
幸いにもみなさん体調を崩されていないとのことで、心からホッ…。ご協力いただいたみなさん、ありがとう…!

あわせて読みたい33歳*眠れず食べられずの日から「珈琲がおいしい」と感じる日まで【2021年体調編】

ここでしか味わえないワクワクと、写真を撮りたくなる会に

ケーキとぱりんこ旗試作風景。※写真のケーキは、当日のものとは異なります。こちらは、ただただ好きな大阪屋さんのバターケーキに苺をトッピングしたもの(ケーキもいろんなところのを食べ比べて決めたよ)

思わず写真が撮りたくなるような、心に残る会にしたくって、ケーキに手作りの旗をさしました。

大人だって頑張ってるもん、な意味を込めて。大好きなドラマ、スナックキズツキ風…な意味も込めて。

オリジナルの旗が立っているケーキ

しかし、、超絶不器用なわたし…。頭の中にこんな感じ、と紙に書いてデザインはできても、実際の工作が全くできず、もうイヤだぁぁぁ!と、ツラくて、泣きました…。

わたしが作った旗わたしが最初に試作で作った旗。「旗というより、看板ってかんじ」と、美術・小物担当のお店のオーナーが放った言葉に爆笑

というわけで、デザインはわたくし、そのほかリアルな工作系はかなりの割合で手伝っていただきました…(陳謝)

オシャレになった旗
ホイップクリームうさぎさん
ホイップクリームうさぎさん
紙も市販品じゃなくって、コーヒー染めというレア感!喫茶店感を出すため、茶色のインクに…。クオリティーが爆上がり!お願いして本当によかったです…泣
ただのカメさん
ただのカメさん
助けてもらうスタイルだいじね。ZINEに書いていた「誰かと一緒に何かを成し遂げる!仲間をつくる!」という目標も達成しちゃったねぇ…。

アデリアレトロ台付きグラスちなみに、お冷やのグラスは、写真映えをねらって、アデリアレトロさんのものをご用意しました…!

悩めるわたし
悩めるわたし
揃えた絵柄の中から、おひとりおひとりの雰囲気にあわせて、なんとな〜く選んでみたけれど、「この絵柄じゃイヤかなぁ…?」と考えすぎて、ドツボにハマる、HSP…笑

「やっぱり入りづらい…怖い!」なあなたの背中を押す、最後の一押し

会場が、めちゃくちゃ入りづらいビルだったので、入り口に「大丈夫ですよ」ポスターを貼りました。

入り口に貼った大丈夫ですよポスターいや〜、事前にメールはしているものの、やっぱり、最初にドアを開けるのは勇気が入りますよねぇ。わたしは、何かのイベントに参加するときは、無駄に40分くらい前に着いて会場回りをうろうろしがちです…。笑

でも、あんまり早く行っても相手の方はご迷惑だろうから、ギリギリより少し前の絶妙なタイミングを狙うんだけれど、ドアに手をかける「えいや!」な瞬間がかなりキツいので結果出遅れるみたいなことも…。

大丈夫ですよポスター2

お店の前まで勇気を出して来てくださった方に、「ドキドキするけれど、入っても大丈夫なんだ…!」と思ってもらえるような、ゆる〜いイラストを描きました。不安感を徹底的に少なくしよう!と、最後の一押しです。

ホイップクリームうさぎさん
ホイップクリームうさぎさん
「せっかく2枚作ったし…」と、謎にエレベーター前にも貼りつけていたね。笑 
ぱりんこ
ぱりんこ
「また貼ってある!とツボでした」とのコメントに心が救われました…!笑

ケーキとカップと季節のお花を準備し、心ゆるめて、心うるおす会に

チューリップ展示コーナーに飾ったのは、冬季うつ真っ只中でも春の訪れを感じるチューリップ

日常のくさくさモヤモヤな気持ちを、どうかそっとゆるめてほしくて。そして、今までいろんな形でわたしを応援してくださったコアなファンの方々に、感謝の気持ちを込めて…。

ケーキと、カップと、お花を自分自身で選んでご用意しました。

〈今回の小さな会を実現するために、利用したお店リスト〉

ケーキ  * パティスリースガマタさん
カップ  * 大橋洋食器さん
グラス  * アデリアレトロ
お花    * フローリストkaren さん

 

スガマタケーキ今回つくったZINEのコンセプトにぴったりだと選んだ、「隠れた名店感」のあるパティスリースガマタさんのケーキたち

 

大橋洋食器
大橋洋食器大橋洋食器さん。この棚の奥〜に、5つおそろいのコーヒーカップを発見。宝探し感がたまりません
季節のお花たち窓際席には、季節のお花たちを。日あたりが良くて、オープン前に咲ききって散ってしまうのでは?と焦り、廊下に移動させる

顔出しNGブロガーなわたしが、人前に出ることはかなり稀ですし、「ぱりんこさんと話せるだけで十分です」と言ってくださる方もいらしたのですが、細かなところでも、わたしらしいこだわりを詰め込みたくて、どこかちょっぴりホッとしていただきたくて、自分なりに一生懸命お店を選んで、おもてなしさせていただきました。

アデリアレトロさんだけは、「かわいいなぁ〜」と、以前から知っていましたが、他の新潟のお店さんは、今回のイベントをしようと思わなければ、出会えなかったお店たちです。

わたし
わたし
みなさん、どのお店の方も、親切丁寧に質問にこたえてくださる、やさしい方々でした…。それだけで、今回の会にぴったりだったと思います!

イベント準備は大変でした〜!でも当日は最高に楽しかったので100点

マイクとステージ立派なマイクを前に、操作が分からず&緊張してうまく話せず落ち込んだ、リハーサル時

当日の、喫茶エッセイ「まどぎわメモリー」制作ウラバナシトークで、「とにかく一冊カタチにすることは大事です!」と、偉そうに語ってしまいましたが、実際はつくることよりも、企画段階が1番たのしいことに気づきました。

ドーナツさん
ドーナツさん
ぬっ…そりゃそうだねぇ…

自分がイベントをするとしたら…?と、考えて、へへへとよだれ垂らしながら書いて、Twitterにアップした企画書。このときは、実現しようとすら思っていなかったのに…笑

ZINEの中の「これからやってみたいこと」に書いた、「イベント主催(できるんかい?)」が早くも達成してしまったのも驚愕です…!

お花畑コーヒーさん
お花畑コーヒーさん
わたくしの特技は、妄想ですのよ。実際にやるとなると、本当に準備はたいへんでしたわ…。hohoho

でもでも、苦しみやプレッシャー、日時が近づくにつれて襲ってくる動悸など、いろんなものを抱えつつも、1人では味わえなかった、文化祭の準備感みたいなものを感じることができたので、今では「いい経験をしたなぁ〜!」って思っています!

ここだけの正直な気持ち *あとがき*

ナマケモノのぬいぐるみ実は、この記事をアップするのも、大変ためらいました…。というのも、流行りの感染症に対する解釈は人それぞれだからです。

こんな時期に、こんな集まりをしてダメじゃないか!と、言われてしまう気がして怖かったのです…。

でも、とある人が放った、「実際に参加した人が満足してるんだから、それでいいじゃん!」の言葉に、大変救われました。

そうなんです、ご来場くださった方々と過ごしたあの時間と、満足そうな笑みがいまだに忘れられないのです。そして、心に安心を届けること。これがわたしの仕事なんです。

何が正解かわからない時代の中で、それぞれに正義があって。混乱して分かり合えなくて交わらなくて。つらいですよね…。

大事な友だちと、感染症に対する意識が違いすぎて微妙な空気になり悲しいけれど、こればかりは、1人ひとり考え方がちがう…。それぞれにきっと、正しいと信じているものがある。正直、割り切って付き合っていくのは、まだまだ時間がかかりそうだけども…。

わたし
わたし
今のわたしは、この、心と身を寄せ合う会をやってよかったと思っています。
ぱりんこ
ぱりんこ
ここまで見守ってくださったあなたにも、あたたかい拍手をお送りします…!本当にありがとうございました…!

こっそりと…。そろそろ、第2弾のZINEを考える時期になってきているので、第1作「喫茶エッセイまどぎわメモリー」の増刷は、一区切りつけようかなぁと思っています。まだ買えてないよ〜という方は、オンラインショップより、どうぞ〜🥀