HSPの働き方

HSPさんは無職期間が大事!自分らしい働き方を見つける方法

こんにちは。ぱりんこです。

ぱりんこ
ぱりんこ
無職だと、焦るなぁ。でも転職活動は怖い…。せっかく採用されたのに辞退してしまったよ。この状況を変えたいのに、時間だけが過ぎていく…いい過ごし方はないかなぁ?

今日は、こんな不安にやさしく応えます。

この記事を読むと、

  • 無職でいる自分を責めずに過ごす方法
  • 個人で稼ぐための一歩の踏み出し方

がわかりますので、ぜひ最後までお読みくださいね◎

HSPさんは無職期間、自分らしい働き方を探してみよう

普通や常識は置いておく。理想の働き方に近付くための行動をする

ちなみに、私は現在、有期(期間が定まっている)の派遣→1ヶ月休息+在宅ライター→有期の派遣という働き方をしています。

ずっと同じ職場で、「もうイヤだ!」とボロボロになってから退職するより、期間が定まっている働き方の方が気楽で、正直心地いいです。

次の派遣先が決まるまでの間は、思う存分眠ったり、平日のカフェ巡りを満喫したり、ライティング案件をこなしたり、ブログを書いたりしています。

ただし、これはあくまで私の場合。あなたがどんな働き方なら、安心して気楽に生きられるか?それを基準に考えましょう。

「独身だから正社員でバリバリ働かなくちゃ!」などといった、世間の常識や将来のことを考えるのは、いったん置いてくださいね。どんな生き方でもいいのです。

焦ってプレッシャーの大きい場所で働き、また体調を崩したら、元も子もありません。

※「HSPと派遣は相性がいいよ」という話は、【HSPの仕事探し】『派遣でいいのかなぁ…』と不安だった私が手に入れた新たなキャリアに書きました。

HSPで無職なあなたに必要なのは、前に進んでいる感覚

なんとなく自分にとってストレスが少ない働き方が見えてきたら、一歩でもいいので具体的な行動をしてみることをおすすめします。

停滞していると、辛いからです。もともとが真面目なHSPさんは、何もせず、ぼんやり毎日を過ごしている自分を許せず、せめてしまいます。

ぱりんこ
ぱりんこ
本当は思い切り休養期間にあてて、ぼ〜っとしているだけでもいいんだけどね。

 

たとえば、場所を問わず働けることが魅了的な”Webデザイナー”という仕事が気になっているなら、

  • 職業訓練についてハローワークで話を聞いてみる
  • プログラミングスクールの体験に行ってみる

などをしてみましょう。

そして、会社や組織で働くこと自体にストレスを感じやすいHSPさんは、個人の力で1円でも稼ぐ方法を知ることもおすすめです。

私も、

を使用して、ライティング案件を受注しています。

ぱりんこ
ぱりんこ
お金も入って、勉強もできるから一石二鳥!
適性検査LP

HSPさんの無職期間は、働き方を考える大事な時間

HSPさんにとって、無職期間はむしろ自分と向き合う大事な時間です。

人の目が気になり、焦ってしまう気持ちはとてもよくわかります。

しかし、人生100年時代のうち、1年や2年仕事をしていなくたって大丈夫。

意外と仕事は見つかりますし、なんとかなります。

一生同じ仕事をし続けていく人生もカッコイイけれど、今はいろんな働き方を試せる時代です。

そんなに肩肘はらずに、その時できる仕事をしつつ、食いつないでいきましょう。

無職期間に、じっくりと自分のイヤなこと好きなことに向き合った方が、適職に近づきやすくなります。

「あの時の時間は、無駄じゃなかったんだな…」と思える日は必ず来ますから、安心してくださいね。

 

《無職期間にやってみるといいこと》

  • クラウドワークスで在宅案件を検索してみる

CrowdWorks(クラウドワークス)

  • Webデザインやプログラミングを学んでみる
キャリアチェンジを支援する・社会人のためのWebクリエイタースクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】
  • 派遣会社に登録しておく
ぱりんこ
ぱりんこ
でも、まずはゆっくり休んで、のんびりと好きなことをして、回復することを第一に考えましょうね。

 

HSPのわたしが、仕事を退職して休むことを決断した理由8月末で、仕事を退職しました。 次の仕事はまだ決まっていないのですが、とりあえず、自分の心と身体の調子を整えて、充...
HSPはクリエイティブな職場が合わないかも【1人の環境ならOK】こんにちは、ぱりんこです。 今日はこんな不安にやさしくこたえます。 結論:クリエイティブな職種に限らず、1人で集中できる...
【視野が広がる!】30代でWebデザインの職業訓練をドキドキで受講した感想みなさん、こんにちは、ぱりんこ(@parincafe)です。 ついに、Webデザイン科の職業訓練を修了しました! 結論:...