HSP回復術

【HSP回復術②】自己否定ループに効く!朝の光を浴びると調子UP

みなさん、こんにちは。ぱりんこ(@parincafe)です。

調子はいかがですか?

私は、情緒不安定で絶不調です。

 

漠然とした不安感から、ブワッ…と涙が出そうになる日が続いております。

元々超絶ネガティヴ人間なのですが、気がつくと否定的なことばかり考えて、泥沼にハマっているのです。

ひきこもってると、『誰かと喋りたい!』と人が恋しくなり、かと言って人に会うと、『早くひとりになってお布団にダイブしたい…。』と思う。

そんな矛盾を抱えながら、今日も生きています。

 

 

そこで最近、実践している充電術は、【朝の光を無理やりにでも浴びてから、引きこもること!】

うつやだるさには、朝の光を浴びるといいっていいますよね。

自律神経が整うとかなんとか。

ぱりんこ
ぱりんこ
うんうん、そんなことは知っているけれど、朝起きられないんじゃいっ!

そんな、”夕方の方が気持ちが落ち着く…”夜型人間の私が、

  • だるさや無気力から解放されたい
  • 朝起きられない
  • 1日引きこもっている自分に罪悪感を感じる

こんな方を代表して、朝さんぽを実験して感じた心の変化をお届けします!

なぜ朝の光を浴びると調子がよくなるのか

会社員じゃなくても、朝から達成感

朝さんぽから帰ってきた後は、”できた感”を感じます。

朝のうちに何かを達成した!という感覚が得られると、その後の罪悪感が減るのです。

自分に◎をあげられるので、気持ちが楽になります。

 

 

最近、夜は孤独を感じて涙が止まらず、昼間も人ごみを見ていると涙がジワーッとする。

生理はとっくに終わったのに、これはさすがにおかしい…!!と危機感を感じていました。

なぜかというと、みんなが当たり前に会社員をしているのに、自分はできないと落ち込むから。

でも、もう一度思い出してみましょう。

自分は、どんな生き方がしたいのか?

  • 自分のペースで、なるべくストレスフリーに働いて、おだやかに暮らしたい
  • そのために、在宅ライターの案件をこなしている

ん?これでいいじゃないですかね!

 

 

朝の空気をゆっくり吸って、深呼吸をしたら、思い出すことができたのです。

今できることを1つ1つしていけばいい。

自分のペースで、一歩一歩すすんでいます。

すすんでいないように見えても、”休む”ということをしています。

それで十分。

ぱりんこ
ぱりんこ
ちなみに、通勤の時間帯を避けて歩くようにしましょう!周りと比べて落ち込んだり刺激が強すぎるので。7時前に出れなかったら、明日チャレンジすればよいのですよ〜。

 

「まだ寝ていたい…」という体をむりやり起こすのは至難の技ですが、1度体験して実感すると、またできる時は起きてみようかな、と思えます◎

今日は、帰宅してからモーニングを食べに喫茶店に向かい、そのままこの記事を書くことができました。

はとさん
はとさん
できたことが2つも!すごい!

だるさが楽になり、やる気ホルモンが出る

朝の散歩、ランニングをすると、「だっる…」から「わぁ!なんかやる気出てきた!」と別人格のようになります。

ホルモンがドバドバ出る感じがします。

 

 

大体の不調は、きっと、自律神経の乱れからきているのです。

生まれた時から自律神経がおかしなことになっている私は、いろいろな健康法に手は出すのですが、ずぼらで飽き性なので、すぐになまけて忘れてしまう。続かないのです。

 

 

ただ、朝の光を浴びることは、どうやら自律神経が整って、よいホルモンが出ることには違いないようです。

専門的なことはよくわかりませんが、実感しました。

むずかしいことはむずかしい本におまかせしますね!

 

世の中では、朝活はとてもよいと言われています。

「朝活朝活うるさいよ…。」「そんなエネルギッシュにできるのなら、最初から病んでないよ!」とひねくれていたものですが、これからも自分の1日が少しでも楽になるために、できる時は起きたいものです。

 

 

ただ、起きなきゃ起きなきゃと思っていると、「朝活動をする方がいい精神状態になるだろうに、どうしてできないんだろう…」とさらに落ち込む悪循環に陥ってしまいます。

おやすみ中のかたや、連日の仕事探しに疲れ果てた人は、無理せず、だるい時は思う存分に寝て、気が向いたらカーテンの隙間から頭を突き出して、朝の光を浴びてからまた眠ってみてください。

きっと、気持ちが全然ちがいますから。

いつもだるい私が、朝散歩をして感じたこと

人は人、自分は自分と気が付く

初日は、(私、人からどう思われてるんだろう…?いやいや、このご時世のおかげで、在宅ライターしています、で十分通じるでしょう…ごにょごにょ…)と勝手に言い訳を脳内で練習していました。

なぜなら、早朝に土手を歩いてる方は、定年後とみられるおじいちゃんおばあちゃん、マラソンが趣味のガチランナー風おじさんばかりだからです。

しかし、2日目からは「どう思われようがどうでもいいやーい」と思いはじめ、目に映る景色がガラッと変わりました。

人は、人。じぶんはじぶん。

表面では、うまく行ってそうな人でも、実はいろいろ抱えている。

自分の人生だから、自分が心地よい毎日を過ごすために、どう生きたっていいんだ。

「刺激を避けて、低刺激な毎日を過ごそう」と決めたのですが、朝から夕方まで引きこもっていると、自己否定のドツボのハマるので、一度外に出てから引きこもるスタイルに変えました◎

夜型+ロングスリーパーのままでも大丈夫

人によって、朝型夜型はある。

好きなだけ寝てていいんだよ。

色々なことに気がつき、疲れやすいHSPさんはロングスリーパーな人もたくさんいるよ。

Twitterで、HSPさんとつながってからは、ずいぶん楽になりました。

どんなに寝ても寝ても、寝ていたい。

ちょっと人と会うとぐったりしてしまう。

体力のなさに落ち込んでいたのですが、私は夜型のロングスリーパーなのです。

HSPさんは、いろんなことに気がついて疲れやすいので、その分回復に時間がかかって当然とのこと。

自分の活動しやすい時間帯に合わせて、活動すればいいのです。

朝型か夜型は、診断できるサイトもあります。

朝起きられない自分を、どうか責めないでくださいね。

気力が足りないのではなく、遺伝子によるものが大きいとされていますから…。

意識高い人は、意識高い人。

意識低めで、ゆっくりのろのろの人生も、またいいのです。

急に創作意欲がわく

突然、絵を描き始めました。

水彩ペンを買いに行って、ただいま練習中です。

やさしくて、心がほんわかするような、ゆるいイラストを描きたくって。

レトロかわいい食べものイラストが描きたいと思って、こんなものも。

まぁ、自分が食べたいものなんですがね…(しっかり固めのレトロプリンたべたい…)

坂口恭平さんの自分の薬をつくるという本から、アウトプットの大切さを教えてもらったので、とにかくその日やりたいと思ったことを出す、を実践中です。

ただ、「そうだ、何か活動したい!」と本を読んだ直後はやる気が出るのに、実際やるまでのハードルが高いじゃないですか。

しかし、なぜか朝の散歩後は創作意欲が湧くんですよね。

とにかく脳内でうずうずしているものを、絵に描くことによって、スッキリします。

自分が楽しければいいのです◎

朝の散歩をして、ちょっぴり自信がついたなら、何か書いたり、描いたりしてみませんか?

こんなふうに、新たなことをはじめられたのも、朝の光を浴びたおかげだと思っています。

朝の光を浴びて、少しでもだるさが楽になりますように

朝起き上がるのはとってもだるいのですが、朝の光を浴びたあとは、

  1. 起きて散歩に出られた!(はなまる)
  2. 何かやる気が出てきて、もうひとつできた(はなまる)
  3. 自分のことを褒めることができた(はなまる)

いい流れができるので、無理のない範囲で、気が向いた時だけでも朝の光を浴びてみてくださいね。

 

《気力がなくてもゆるく読めて、心が楽になるおすすめ本》