エッセイ/日々のこと

GWが嫌いです…落ち着いて1人カフェできる場所がない問題

GW(ゴールデンウィーク)が苦手

2021年5月4日(火)

やっぱり、GW(ゴールデンウィーク)が苦手だ〜!という話。

今日は、早起きをして、朝散歩&朝カフェに出かけました。

昨日は寒くて、天気も心も不安定で、一歩も外に出られなかったためです。

『今日こそは新緑の葉っぱを眺めながら、気分転換しよう!』と張り切って出かけたのですが…。

みんな考えることは同じで、朝の8:00でも、人がたくさん歩いていました。

いつもはガラガラのホームチェーンカフェも、モーニングを食べる人でまさかの入り口外まで並ぶ状態に(!)

混んでいていろいろ心配だったので、ササっと食べて、すぐさま土手沿いを散歩しに向かいました。

ほんとうは、カフェにこもって、iPadでZINE作りのイラストを描こうと思っていたのになぁ…。

合わせて読みたい《ZINE(ジン)制作記録》紙の本を作るって難しすぎる〜!【企画編】

ゴールデンウィークの散歩中、家族や母娘コンビを見て、涙が溢れそうになる

葉っぱが風にゆらゆら揺れて、生命力あふれる5月は、個人的にとても好きです。

しかし、ゴールデンウィーク中の今日は、いつもの道を散歩をしていても、様子が違いました。ひとりで歩いている人がほとんどいないのです。

あの人もこの人もみんな、家族やご夫婦、カップル…。

まぁ、独身&基本おひとりさま活動のわたしは、街中でもどこでもひとりでお茶をしたり、歩くことに慣れているはずなのですが、どうも毎年、ゴールデンウィークはダメなんです。

1番精神的にこたえたのは、パッと振り返ったら、前職でいろいろと助けてくれたお姉さんと、そのお母さんらしき人が、仲良く歩いている姿を見たこと。

(※わたしは母を亡くしています)

そうだよね〜、わたしよりも年上の人でも、みんなお母さん生きているよね〜…。

うらやましくて、悲しくて、なんとも言えない気持ちに、涙がこみ上げてきました。

(関係は決してよくなかったくせにね。)

みんなのお母さんも、いつかは亡くなるのでしょうか?とうてい信じられません。

勤務中、たくさん助けていただいた方だけど、もうなんだか挨拶すらもする気になれませんでした。

ぱりんこ
ぱりんこ
どのみち、前の職場の方と街中で会っても、話しかけないどころか、サッ…と隠れるのが常なのは内緒…

わたしが持っていないもの(家族)を全部持っている親友がうらやましくなる

そんなにゴールデンウィークに悲しくなるのなら、刺激を避けて、ひきこもるのが吉!なはず。

でも、やっぱり、ちょっぴり、外の空気を吸ったり、お茶したり、気分転換もしたいじゃないですか?

その行動すらも許されない、むなしさでいっぱいになりました。

(なんか毎年同じこと言っている気がする)

『もう帰ろう…』と、フラフラと歩いていると、親友ちゃんからたまたまLINE(ライン)が。

どうやら、実家に帰省しているようです。

彼女は、お父さんもお母さんもご健在だし、一緒にカフェに行くような仲の妹さんもいらっしゃるし、妹さんのお子さん(姪っ子ちゃん)と遊ぶのが最近の楽しみと言っていたし、結婚しているし、仕事は家族経営のお店を手伝っているし…。

あぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜

もう、なんでしょう、すべて持っているんですよね。

もちろん、いろいろと悩みがあることは、わかるんです。

大好きなんです。

でもね、なんか突然、無性に自分との圧倒的な違いを突きつけられて、泣きたくなる時があって…。

合わせて読みたい「主婦」がうらやましい…何者でもない私が感じる主婦コンプレックス

だからと言って、人に気を遣われるのもなんか違う

もしも、彼女にわたしが「家族の話をされるとつらいんだ…」と打ち明ければ、きっとやさしい彼女は、気を遣ってわたしに家族の話をしなくなるでしょう。

でも、それもちがう。

彼女が話したいことを、好きに話せないようにするのもつらいし、腫れもの扱いされるのもなんか対等じゃない気がして悲しいし…。

わたし
わたし
う〜ん、むずかしい。

新潟という地方都市だからなのか?実家暮らしが圧倒的に多い気がして、周りに一人暮らしの人がいないこともつらいところです。(わたしのせまい交友関係調べ)

安心して住めるような、良好で健全な実家があることが、うらやましくて仕方がない時がある。

ぱりんこ
ぱりんこ
だって、それってお金がいくらあっても手に入らないものだからね…。

でも、家族間の悲惨な事件のニュースとかをみると、あぁ、やっぱり、一緒に暮らしていると、いろいろあるよね〜なんて思ったりもする。(極端)

「みんな大好きゴールデンウィーク」が好きじゃない、マイノリティーすぎる自分

きっと、みんな大好きゴールデンウィーク…。

しかし、マイノリティーなわたしにとっては、カフェがどこもかしこも混んでいるのは、とてもつらいし、居場所がない。

ご時世的に、今年のゴールデンウィークもお一人様客が多くて、空いているのでは?と思っていたけど、甘かったです…。

ぱりんこ
ぱりんこ
でも、前半は雨の日が多くて、少しホッとしたり。

あぁ、ゴールデンウィークに、お一人様がちょっとお茶できるお店…ないですか?

(いつだって、黙食が基本ですよ?とおすすめしてみる)

どうか、座席の間隔とパーソナルスペースを広めに取る文化は、今後も引き続き残ってほしいです。

さてさて、2021年のゴールデンウィークも変わらず、気分転換に出かけたつもりが、逆に悲しくなって、家にひきこもり、こうしてブログを書いているのでした。

昨年と違うのは、iPad Airを手に入れたおかげで、動画も観れるし、イラスト制作もできること。

わたし
わたし
(届くのはゴールデンウィーク明けの予定だったのに、5月1日に届けてくれたApple(アップル)さんは神だし、孤独なわたしの味方!!)

しばらく思い切り泣いたらば、いそいそと買ってきたおやつたちと、珈琲を淹れて、孤独(おうち)カフェでも開きましょうか。

そうして、気付いたらゴールデンウィークが終わって、落ち着いて1人カフェできる日常が戻りますように…。

ぱりんこ
ぱりんこ
GWに居場所のない同志の方は、ぜひTwitterやInstagramをフォロー&記事をシェアしてくださるとうれしいです!