HSPの悩み体験談

「主婦」がうらやましい…何者でもない私が感じる主婦コンプレックス

こんにちは、ぱりんこです。

  • 無職のとき
  • 30代独身で派遣の仕事をするとき
  • 習いごとを始めたいとき
  • わたしって何者なんだろう?
  • 「主婦」だったら、答えに困らないのに…

こんな風に、漠然と「主婦」の方がうらやましいな〜〜〜と思うことはありませんか?

わたしはあります。

ぱりんこ
ぱりんこ
時々感じる「主婦コンプレックス」!!(勝手に命名)

「主婦」には、何者でもなくても大丈夫な安心感がある

はじめにお断りしておきますが、「主婦の人は、楽そうでいいなぁ〜」とは、まったく思っておりません…!

料理や掃除、旦那さんのためにアイロンがけ…

どれもこれも、自分の時間がなくなると発狂するわたしにとっては、困難なことばかり。

わたし
わたし
ここだけの話ですが、そもそも、他人にあんまり興味がない…。

育児や子育てなんてもってのほかです。

それなのに、日々の悩みを共有していたフォロワーさんのプロフィールに「主婦」と書いてあると、いいなぁ…と思ってしまう矛盾。

なぜでしょう?

それは、たとえ無職でも、心身の不調で休んでいても、「主婦」という肩書きがあるのが羨ましいからだ、と最近気が付きました。

合わせて読みたい HSPさんは無職期間が大事!自分らしい働き方を見つける方法

「主婦です」と言えるのが羨ましいなぁ…と思う理由

1.  習いごとを始めたくても、主婦の人ばかりの中に入れないから

たとえば、

  • 新しい交友関係を広げたい!
  • ひとりは好きだけど、一緒にカフェに行けるような友達がほしいなぁ…
  • 無職だけど、仕事復帰のリハビリにまずは習いごとから始めたい…

こんな風に一歩を踏み出そうと思っていても、習いごとの場は、なぜか独身アラサーだと浮いてしまうんです。

特に平日は、主婦の方ばかり。

スポーツクラブも、パン教室も、楽器教室も、行ってみましたが、どこにも馴染めませんでした。「自分だけ主婦じゃない」それだけなのに、なぜか心細く、劣等感を感じてしまいます。

やってみたいことがあっても、輪の中に入れないから躊躇する。そんな経験多数です。

ぱりんこ
ぱりんこ
それは、仮に自分が主婦でも、馴染めないのでは?
あはは、隠キャでコミュ障なだけか…

2.  派遣先に行っても、「ふだんは何してるの?」と聞かれてしまうから

以前、派遣先の同僚さんに、「ふだんは何してるの?」と聞かれました。(えっ…ここで働いていますけど?)と思いましたが、彼女が聞きたかったのは、そういうことじゃないのですよね。

新しい人間関係を構築するときの挨拶がわりでもある、「旦那さんは?」「お子さんはいくつ?」という質問たち。

前職は、あまり根掘り葉掘りプライベートなことは聞かれない職場の雰囲気だったため助かりましたが、中には、「え!独身でここの仕事だけじゃ暇でしょう?」と余計なお世話なことをおっしゃる方もいました。

つまり、主婦+派遣社員がデフォルトの考え方。

それでも、期間が決まっている派遣の働き方は、感受性が高いHSPのわたしには合っていたので、あとは人は人、わたしはわたしというメンタルを手に入れるだけですね…

合わせて読みたい【HSPの仕事探し】『派遣でいいのかなぁ…』と不安だった私が手に入れた新たなキャリア

じゃあ主婦になれば?それは難しい。結婚はハード

紆余曲折を経て、恋人はできたけれど、やはり、恋愛と結婚は別。

4年前に「結婚式は苦行だし、子どもを育てるなんてホラー。」という記事を書いていますが、あの頃からほとんど考え方は変わっていないです。

ぱりんこ
ぱりんこ
まさか結婚式が中止になる世の中になるとは、思ってもみませんでしたが…!
わたし
わたし
4年前に比べて「どんな生き方があってもいい」と、思えるようなったのはいいことだね!

先日、恋人に、「わたし、子どもがほしいと思えないんだよね…。」と伝えると、「あっ…俺も俺も!」と、あっさり返ってきました。笑

彼の、”世間的な常識”や”フツウ”を押し付けないところは、とても気楽で救われています。

それでも、定期的にわたしのストレスが大爆発するため、「やっぱり同居は難しいなぁ…」というのが正直なところ。

理想は、近所にお互いが住んで、頼れる&助けられる関係性です。

【HSP回復術③】相性のいい神社のおかげで健康と恋愛が叶った話こんにちは、強度HSPのぱりんこです。 HSP(Highly Sensitive Person)とは、 生まれつき感覚情報を...

「主婦」でも独身でも、それぞれに悩みがある

主婦の方々を羨やんだところで、何も始まらないけれど、モヤモヤと向き合い、ちゃんと「うらやましい〜!」と訴えるためにこの記事を書きました(笑)

結婚してても、「主婦」でも、独身でも、子どもがいてもいなくても、どんな人にもその人なりの辛さや悩みがあることも分かっている。

ないものねだりなんだろうな。

今のわたしは、自分が「これ食べたい!」と思った瞬間食べに行けるし、その時の気分で行動できる。自分の心を最優先にして、生きられる。

十分なはずなのに、心のどこかでは、あたたかい家庭への憧れが消えないし、ひとりが好きなはずなのに、本当は誰よりもさみしがりやという矛盾。

でもね、人は矛盾を抱える生き物なのです。

特に、HSPさんは、”ひとりの時間は必要だけど、たまにさみしくなる””実は、自分のことをわかって欲しい!という気持ちが人一倍強い”そうです。

だから、この矛盾を抱えながら、今日も生きていきます。

わたし
わたし
あぁ〜!主婦という肩書きがありつつ、在宅ワークや習いごとをしたいな〜〜〜〜!!!
ぱりんこ
ぱりんこ
わかったわかった…笑。今はそういう気持ちなんだね。ここまでモヤモヤをお読みいただいたあなたさま、どうもありがとうございました。